☆AKANEの続かないブログ☆

とにかく続かないブログw

September 2014

suumoへ

はなまるハウスに行ってから、家の事に関してスイッチが入った。

「家を建てよう!」

そう決める事ができたのは、はなまるさんのおかげ。

しかしまだまだ未知の世界。
もう少し知識が欲しいと思い、家づくりの事を教えてくれる講習がないか検索した。無料開催されている、suumoの講習があったので主人が受けてきた。講習といっても、マンツーマンだったらしい。

私たちの予算やどんな感じの家を建てたいか、そしてこだわり(この時は泡断熱くらい)をヒヤリングし、オススメのハウスメーカーを4社あげてくれた。

☆アルネットホーム
☆ランドハウス工業
☆アイ工務店
☆ヤマミズホーム

私たちはこの4社はすべて行こうと決めた。

suumoに行ったその日に、アルネットホームに行くことになったが、予約を入れたりなどの段取りはすべてsuumoがやってくれた。

行きたいハウスメーカーがあればとりあえずsuumoに言うと、ヒヤリングで伝えたこだわりなどの情報はにハウスメーカーに伝わるので、話が早かったし楽だった。

アルネットホームは、これまたラジオで宣伝を聞いていて気になっていたハウスメーカーで、家を建てるなら見てみたいと思っていたのだ。

ランドハウスは元同僚の以前働いたハウスメーカーで、家を建てるなら行ってみればと言われていた。

さて、どこのハウスメーカーになるのか


土地探し

ハウスメーカー探しと同時に、土地探しを開始した。
長男が小学校2年生なので、校区は変えないのが条件。

毎日、土地情報をチラシやネットで見漁った。会員登録をすればさらに限定物件みせますというサイトなどにも登録したり、足を運んで売土地看板を探したり、見つけては問い合わせをし何坪あるのかと値段を聞いた。
上物ありの土地も問い合わせ、いくらで解体できるのかも合わせて聞いた。

通学する子どもの安全の事や、歩いて行く距離を考えて探した。

もう一つの条件が、65坪以上。
(なぜ65坪以上かと言うと、はなまるさんが私たちの理想の家を建てるにはそれくらい必要だと教えてくれたから)

そして、1000万円以下の土地。
(この時点では、土地に1000万、建物に1500万の合計2500万で建てると考えていた)

ここまで条件があると、かなり絞られる。

気になる土地には何度も通った。
朝、昼、晩、雨の日、台風の日、満月の夜・・・

そんな中、一つ気になる物件が出てきた。

やたら安くて、広い。

その物件は短期間でどんどん値下げされていた。
最初にみたころより、100万も値下げされていた。

ただ、その土地は、その辺りの地域は避けたいと思っていたところにあった。
避けたい理由は、少し暗いイメージがあったからだ。
子どもが大きくなり、部活などで遅くなった帰宅時がすこし心配な感じがした。

でも主人は一押し。もうここしかないと張り切っている。

確かに、私がなんとなく嫌だと思っている事以外はすべてクリアしている。

何よりも価格が安くて、すぐに売れてしまう心配もあったので、早めの決断が必要だった。

その土地は、
120坪 280万円。

はなまるハウス

ラジオで聞いた、はなまるハウス。
安く建てられるっぽいので、どんなものかフラッと見に行った。

どうやらハウスメーカーに行く際は、予約をするのがマナーっぽいと気付く。

先に家の中を見学した。
今住んでいる建売の家となんとなく似ていた。

そして営業さんと話をした。
初めてちゃんと私たちが家の事で悩んでいると打ち明けた。
リフォームか、建てるか。

(はなまるの営業さんなので、はなまるさんとします。)
はなまるさんは親身になって聞いてくれた。
今の家を買ってリフォームする価格に後少しだけ頑張れば新築を建てられるとのではと提案。

はなまるハウスはいくつかのプランがあって、その中から選んで家を建てるというハウスメーカー。
箱が決まっていて、中身の組み替えをどうするか決められる。

何も知らなかった私たちに、はなまるさんは色々と教えてくれた。


まずは、家を建てるには土地がないと始まらない事。

土地…

いい土地あったかなぁ〜

初めての展示場

そーいえば、1番最初に行った展示場は、17号沿いにあるレオハウス。あんな家素敵だなぁ〜、中どうなってるんだ?ってだけでフラッと寄ったハウスメーカーだった。
家を建てるとか、まだ何も決まってなかったから話も聞き流すくらいで、現実的サイズの展示場があると言う情報だけを仕入れて後にした。

後日、その展示場に行った。いつくかのハウスメーカーが集まる、比較的大きな展示場。
そこで入ったのは、桧家住宅。泡断熱が売りだとラジオで言っていた。その断熱を見に行った。どんなものか、デモンストレーションしてくれ、なんだかすごいなぁ〜と感じ、私の中で泡断熱にこだわるきっかけとなった。

他にも何軒か入ったが、特に何もインパクトはなかった。と言うより、まだ興味がなかったのかもしれない。。。

またしばらく経ってから行ったのは、これまた、ラジオで聞いていた、富士住建。
完全フル装備が売りで、それはなんぞや?との事で行ったのだが、年始にだったか祝日だったか定休日だったかで営業さんはお休みとの事でサラッと見学。
風呂は普通より広くテレビ付き、キッチンやトイレ、とにかく装備がかなりランクの高いものがパックになっていると言う家。外したくても外せませんという点がひっかかったけど、もっと私たちのプランが具体化したらまた来るだろうなと思った。

家、どうする?

群馬に来たのは2010年4月。
それから5年が経とうとしている。

今の家は1戸建ての賃貸で、3年ごとの更新。
初めての更新の時に、家主さんに購入してほしいと言われた。
検討しますと伝え、とりあえず3年の更新をした。

次の更新まで1年半と迫ってきた頃、
主人と家のことについて話をすることが多くなった。

ここ買うの?
それともどこかに建てる?


大体だが、この家を現状で買うと1500万くらいだろうと前回言われた。
土地は48坪、建坪27坪。
1階にLDK(12帖)+洋室6帖+トイレと風呂場、
2階に3部屋(6帖×3)+トイレと洗面化粧台、
庭には車が2台とめられて、屋根付き自転車置き場、
大きめの物置とウッドデッキがある。

都内で1LDK、家賃12万5千円でマンション暮らしをしていた私たちにとっては、とても贅沢な家。
それで家賃が7万5千となったら、なにも文句はない。

そんな家に住んで4年半。

築15年ほどになった建売だったこの家は、ガタが出始めていた。
ビー玉が転がる。
ドアが閉まりにくくなってきた。
屋根、外壁や内装のひびやはがれ。
そしてなにより、寒くて暑い!!
結露が半端ない!!

東側は崖になっていて、そこには竹が植えてある。
季節になるとタケノコがにょきにょき生えてきて、
室外機を持ち上げたりする。
竹藪=やぶ蚊。蚊と虫の発生が半端ない!

そんなこんなで、ここを購入し、自営でやっている職場をリフォームで作り、
傷んだ箇所を直したりなんだりで、もしかしたら建てたほうがいいのでは
と意見が出てくるようになった。

いったい注文住宅とやらはどんなもんかと、興味がわいてきた。。。
プロフィール

AK42

QRコード
QRコード